マリー デュボア(英語表記)Marie Dubois

20世紀西洋人名事典の解説

マリー デュボア
Marie Dubois


1937.1.12 -
フランスの女優。
パリ生まれ。
本名Claudine Huzé。
コンセルヴァトワールに入学し優秀な成績を修めて、コメディー・フランセーズの舞台に立つ。舞台「サレムの魔女」などで注目され、「Le Signe du Lion」で映画デビューをはたし、「ピアニストを撃て」(1960年)の監督のトリュフォーに現在の芸名をつけてもらう。フランス映画界の名脇役として地位を確立している。ほかに「突然炎のごとく」(’61年)、「パリの大泥棒」(’67年)、「イノセント」(’76年)、「アメリカの伯父さん」(’80年)などに出演している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android