コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルイシキン Malyshkin, Aleksandr Georgievich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルイシキン
Malyshkin, Aleksandr Georgievich

[生]1892.3.21. ボゴロドスコエ
[没]1938.8.3. モスクワ
ソ連の小説家。代表作『ダイールの陥落』 Padenie Daira (1923) ,『セバストポリ』 Sevastopol' (30) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルイシキン
まるいしきん
Александр Георгиевич Малышкин Aleksandr Georgievich Malshkin
(1892―1938)

ソ連の小説家。ペトログラード大学文学部在学中から短編小説を発表。その後第一次世界大戦に招集され、革命後は国内戦に参加した。出世作は『ダイールの陥落』(1923)で、クリミアにおける国内戦の様相を描く。「峠(ペレワール)」グループに属し、『セバストポリ』(1930)、未完の長編『片田舎(いなか)の人々』(1937~38)などを著す。[水野忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マルイシキンの関連キーワード水野忠夫3月9日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android