マルキーズ[諸島](読み)マルキーズ

百科事典マイペディアの解説

マルキーズ[諸島]【マルキーズ】

南太平洋,フランス領ポリネシアに属する火山島群。マルケサス諸島ともいう。ヌク・ヒバ,ヒバ・オアなど14島からなり,コプラを産する。1595年スペイン人が来航,1842年以後フランス領。以後,ヨーロッパ人の捕鯨漁夫などによる暴力や,彼らがもち込んだ病気によって人口が激減した。画家ゴーギャンヒバ・オア島で没し,メルビルの小説《タイピー》はヌク・ヒバ島が舞台となった。1049km2。9264人(2012)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルキーズ[諸島]【Îles Marquises】

英語ではマルケサス諸島Marquesas Islandsという。南太平洋,フランス領ポリネシアに属する島群。タヒチ島の北東約1500kmに位置し,ヌク・ヒバ,ウア・プー,ヒバ・オア,タフアタ,ファトゥ・ヒバ島など10余りの島からなる。総面積1274km2,人口7500(1988)。島はいずれも玄武岩を主とする火山島であり,標高1000m内外の壮年期の地形で,平地はほとんどみられない。熱帯にもかかわらず,沿岸を洗うペルー寒流のためにサンゴ礁の発達が弱く,激しい海食作用を受けている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマルキーズ[諸島]の言及

【オセアニア】より

…ポリネシア(同じく〈多数の島々〉の意)は,ほぼ180゜の経線以東の,北はハワイ,南西はニュージーランド,南東はイースター島を三つの頂点として描かれる,1辺およそ8000kmの巨大な三角形(ポリネシアン・トライアングルと呼びならわされている)に含まれる島々をさす。上記の3頂点に当たるもののほか,サモア,トンガ,ウォリス,エリス(ツバル),フェニックス,トケラウ,クック,ライン,ソシエテ,トゥブアイ(オーストラル),トゥアモトゥ,ガンビエ(マンガレバ),マルキーズ(マルケサス)の諸島がある。ミクロネシア(〈小さな島々〉の意)はほぼ赤道をはさんでメラネシアの北側にあたり,マリアナ,カロリン,マーシャル,ギルバート(キリバス)の諸島を含む。…

※「マルキーズ[諸島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる