コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルクス=レーニン主義研究所 マルクスレーニンしゅぎけんきゅうしょ

百科事典マイペディアの解説

マルクス=レーニン主義研究所【マルクスレーニンしゅぎけんきゅうしょ】

ソビエト連邦共産党中央委員会の付属機関。マルクス=レーニン主義の研究,共産党大会決定や党関係資料,およびマルクスエンゲルスレーニン等の著作の出版を行う。モスクワにあり,1931年マルクス=エンゲルス研究所とレーニン研究所が合併してマルクス=エンゲルス=レーニン研究所,1956年マルクス=レーニン主義研究所となる。
→関連項目スースロフ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルクスレーニンしゅぎけんきゅうじょ【マルクス=レーニン主義研究所 Institut Marksizma‐Leninizma pri TsK KPSS】

ソ連邦共産党の中央研究機関であった研究所。マルクス,エンゲルス,レーニンその他指導的共産主義者たちの著作や関連資料,ソ連邦共産党史資料などの収集,保存,出版を行ってきた。また共産主義理論,党建設,国際共産主義運動に関する諸文献の研究,出版も行っていた。研究所は,(1)マルクス,エンゲルス,レーニンの著作,(2)ソ連邦共産党史,(3)党建設,(4)科学的共産主義,(5)国際共産主義運動史,(6)支部および研究の調整,(7)中央党アルヒーフ,(8)図書館,(9)マルクス=エンゲルス博物館の諸部門を擁していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マルクス=レーニン主義研究所の関連キーワード自然弁証法(エンゲルスの著書)レーニンの「四月テーゼ」国際社会史研究所アドラツキーポノマリョフ商業的農業

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android