マルクス・エンゲルス広場(読み)まるくすえんげるすひろば(英語表記)Marx-Engels-Platz

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルクス・エンゲルス広場
まるくすえんげるすひろば
Marx-Engels-Platz

ベルリン中心部の広場。シュプレー川の川中島の真ん中にある。第二次世界大戦前はルストガルテン(「楽しみの庭園」の意)とよばれる宮城前広場で、シティの中心であった。戦後、この宮城は破壊され、広場の東側に旧東ドイツ人民議会「共和国宮殿」と旧東ドイツ政府官庁が建てられた。広場北東端には1975年に修復されたベルリン大聖堂(ドーム)が建っている。[佐々木博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android