コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレンマ マレンマMaremma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレンマ
Maremma

イタリア中西部,トスカナ州チレニア海にのぞむ低地帯。北はリボルノの南約 30km,チェチナ川の河口から,南はローマ北西約 120kmのオルベテロにいたる海岸地帯をさす。古代には人口が多い肥沃な平野で,丘陵にはポプロニア,カエレ,コサなどの都市がつくられ,地下運河による排水工事も行われていた。ローマ帝国末期には農耕が衰えて放牧地となり,ローマの滅亡とともに湿地化した。 18~19世紀初めにかけてトスカナ大公国が干拓に努めたが,本格的には 20世紀に B.ムッソリーニの政権下,国家的事業として行われ,1950年農業改革法の対象となり,コムギブドウを栽培する豊かな農業地帯になった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マレンマの関連情報