マンガイア島(読み)まんがいあとう(英語表記)Mangaia

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンガイア島
まんがいあとう
Mangaia

南太平洋、ポリネシア、クック諸島第三の島。中央の標高169メートルの火山を、広いマカテア(石灰岩台地)が取り囲む隆起サンゴ礁。面積52平方キロメートル、人口1235(1986)。1777年J・クックが発見。土壌は肥沃(ひよく)で、主産物はコプラ、パイナップルなどである。[浅黄谷剛寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

マンガイア‐とう〔‐タウ〕【マンガイア島】

Mangaia》南太平洋、クック諸島の島。首都があるラロトンガ島の南東約200キロメートルに位置する。同諸島中、3番目に大きい。緑に覆われた緩やかな起伏に富む石灰岩台地が広がる。土壌は肥沃で、パイナップルを産する。テルアレレ鍾乳洞をはじめ洞窟が多い。中心地は西岸のオネロア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android