コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンナール湾 マンナールわん Gulf of Mannar

2件 の用語解説(マンナール湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンナール湾
マンナールわん
Gulf of Mannar

インド南東岸とスリランカ西岸の間に位置するインド洋の湾入。長さ 160km,幅 130~275km,水深 10~20m。湾口はインド最南端のコモリン岬とスリランカ南西部のガールを結ぶ線で,ラメスワラム島,アダムズブリッジマンナール島によって北のポーク湾とへだてられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンナール湾
まんなーるわん
Mannar Gulf

インド半島南東部とセイロン島(スリランカ)北西部の間に挟まれた湾。北側はアダムズ・ブリッジと二つの島によって限られる。スリランカ側の湾奥にあるマンナール島沖合いは水深が浅く、パールバンクともよばれ、古くから天然真珠貝の採取が盛んである。インド側の港町トゥティコリンには近代的な設備を整えた新港が完成し、化学肥料工場も建設されて急速に発展しつつある。[貞方 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンナール湾の関連キーワードサンビセンテ島スリランカタミルバンカ島セイロン島コントラアクインクムフランス領ソマリランドジンバランスリランカの愛と別れスリランカ中央高原

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone