マンナール湾(読み)マンナールわん(英語表記)Gulf of Mannar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンナール湾
マンナールわん
Gulf of Mannar

インド南東岸とスリランカ西岸の間に位置するインド洋湾入。長さ 160km,幅 130~275km,水深 10~20m。湾口はインド最南端のコモリン岬とスリランカ南西部のガールを結ぶ線で,ラメスワラム島,アダムズブリッジマンナール島によって北のポーク湾とへだてられる。 1796年頃イギリス人が始めた真珠貝採取が現在も行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンナール湾
まんなーるわん
Mannar Gulf

インド半島南東部とセイロン島(スリランカ)北西部の間に挟まれた湾。北側はアダムズ・ブリッジと二つの島によって限られる。スリランカ側の湾奥にあるマンナール島沖合いは水深が浅く、パール・バンクともよばれ、古くから天然真珠貝の採取が盛んである。インド側の港町トゥティコリンには近代的な設備を整えた新港が完成し、化学肥料工場も建設されて急速に発展しつつある。[貞方 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android