コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンナール湾 マンナールわんGulf of Mannar

2件 の用語解説(マンナール湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンナール湾
マンナールわん
Gulf of Mannar

インド南東岸とスリランカ西岸の間に位置するインド洋の湾入。長さ 160km,幅 130~275km,水深 10~20m。湾口はインド最南端のコモリン岬とスリランカ南西部のガールを結ぶ線で,ラメスワラム島,アダムズブリッジマンナール島によって北のポーク湾とへだてられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンナール湾
まんなーるわん
Mannar Gulf

インド半島南東部とセイロン島(スリランカ)北西部の間に挟まれた湾。北側はアダムズ・ブリッジと二つの島によって限られる。スリランカ側の湾奥にあるマンナール島沖合いは水深が浅く、パールバンクともよばれ、古くから天然真珠貝の採取が盛んである。インド側の港町トゥティコリンには近代的な設備を整えた新港が完成し、化学肥料工場も建設されて急速に発展しつつある。[貞方 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone