マンネル(読み)まんねる(英語表記)Eeva-Liisa Manner

  • 1921―1995

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィンランドの女性詩人、劇作家、小説家、翻訳家。保険業や出版業に従事するかたわら、日本文学(川端康成・三島由紀夫作品など)を含め、多くの海外文学をフィンランド語に翻訳し、西洋のみならず東洋の文学や哲学に造詣(ぞうけい)を深める。代表的な詩集『この旅』Tämä matka(1956)では、西洋的な自由な音調と東洋的な造形表現を融合させて、死や孤独といった主題を描き、フィンランド語詩のモダニズムの中心的な詩人となる。同様な手法で恋愛や美の観念などについて描いた『華氏121』Fahreheit 121(1968)や『眠りし水』Kuolleet vedet(1977)などの詩集や、精神病を患う少女の深層世界を写実的に描いた戯曲『燃えたオレンジ色』Poltettu oranssi(1968)などがある。

[末延 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android