コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンベツ諸族 マンベツしょぞくMangbetu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンベツ諸族
マンベツしょぞく
Mangbetu

コンゴ民主共和国北東部の熱帯雨林に住むニグロイド系の諸民族をさす総称。モンブッツ Monbuttuともいう。シャリ=ナイル諸語のスーダン系言語を話す。ムブティ族などの居住地にも進出し,またバンツー語系諸族とも混交して,言語的,文化的に異なる諸民族からなる。マンベツの名称は,厳密には 19世紀に多くの王国を築いた貴族の名であるが,転じて彼らが支配した人々をも称するようになった。鍬耕作,漁労,狩猟,採集を生業としている。家畜飼育も行ない,乳しぼりは男がする。ヤムイモ,バナナが主産物。一夫多妻制の父系制社会で,政治組織は,地域首長と長老会議によって行なわれる。食人習俗と赤子の頭を長く変形させる習俗が知られていた。美術作品の制作に優れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android