コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーゲイ Leopardus wiedi; margay; tiger cat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーゲイ
Leopardus wiedi; margay; tiger cat

食肉目ネコ科体長 51~75cm,尾長 30~45cm。タイガーキャットともいう。つやのある淡黄褐色の地に,多くの黒色斑点があり,尾の先のほうは黒色斑が輪状になっている。耳先は丸い。オセロットに似ているが,それよりずっと小型で,頭が小さく,尾が長いことなどで区別される。森林で生活し,夜行性。中央・南アメリカ分布し,カエル小鳥など小動物を捕食する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のマーゲイの言及

【オセロット】より

…美しく,なれやすいためペットや毛皮用に乱獲され,北アメリカや中央アメリカでは激減した。ほぼ同じ地域に分布するマーゲイF. wiedii(英名margay)は,毛色や斑紋,首筋の毛が前に向かう点などオセロットによく似るが,小型で尾が長く,目は大きく虹彩が暗褐色である。体長45~80cm,尾長33~51cm,体重2.3~3.2kg。…

【ヤマネコ(山猫)】より

…また額の条紋はふつう点状に切れている。イリオモテヤマネコと外形が似るコドコドF.guigna(イラスト),大型で斑紋が美しいオセロットF.pardalis(イラスト),尾が長い樹上生のマーゲイF.wiedii,乾いた草原にすむコロコロ(パンパスキャット)F.colocolo,比較的寒冷な森林にすむジョフロイネコF.geoffroyi,高山にすむアンデスネコF.jacobitaがある。以上のほかヒョウネコ類にはアフリカのサバンナのサーバルF.serval(イラスト),ヒマラヤから東南アジアに分布するアジアゴールデンキャットF.temmincki,サハラ以南のアフリカにすむアフリカゴールデンキャットF.aurata,体つきから走り方までテンやイタチに似るが,頭骨の構造はサーバルやゴールデンキャットに似る南アメリカのヤガランデ(ジャガランディ)F.yagouaroundi(イラスト)がある。…

※「マーゲイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マーゲイの関連キーワードニュートン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android