コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーザンダラーン州 マーザンダラーンMāzandarān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーザンダラーン〔州〕
マーザンダラーン
Māzandarān

イラン北部,カスピ海に面する州。州都はサーリー。カスピ海沿岸の低地と,エルブールズ山脈山腹の高地とから成り,海岸平野は沼沢地が目立つ。山麓には砂礫性の広大な扇状地が広がる。気候は一年を通じて亜熱帯的で湿度が高く,夏季はきわめて暑い。穀物,綿花,てんさい糖,果物を産する。高地での傾斜は,西部では急であるが,東部ではゆるやかである。森林はほとんど破壊されている。さらに高所では夏の牧草が育てられ,その間に,冬には一部住民が引払う村落が点在する。イノシシ,シカ,鳥類も多い。アトラク川ゴルガーン川など川が多く,いずれもマスやサケが豊富である。住民はイラン系種族に属し,チュルク語系諸族,特にトルクメン人,アルメニア人,ロシアからの移民が多数混在する。海岸平野諸都市と東のゴルガーンは,イラン縦貫鉄道でイラン高原と結ばれている。カスピ海沿岸には良港が少く,沈泥に悩み,水運はふるわない。面積4万 6645km2。人口 341万 9346 (1986) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マーザンダラーン州の関連キーワードゴンバデカーブースバンダレトルクマンガーエムシャフルチャールースキアロスタミセムナーン州ラムサールバーブルバーボルアーモル

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android