マーチン ケーラー(英語表記)Martin Kähler

20世紀西洋人名事典の解説

マーチン ケーラー
Martin Kähler


1835 - 1912
ドイツの神学者。
元・ハレ大学教授。
ローテ、トールック、ミューラー、ベックホフマンの影響を受けて、さらに信仰覚醒運動の影響もあり「調停神学」の立場に立った。「いわゆる史的イエス」と「歴史的・聖書的キリスト」という彼の有名な区別は、信仰と歴史の問題で20世紀神学の先駆的役割を果たした。弟子にはティリヒやシュニーウィント等がいる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android