マーチン ケーラー(英語表記)Martin Kähler

20世紀西洋人名事典の解説

マーチン ケーラー
Martin Kähler


1835 - 1912
ドイツの神学者
元・ハレ大学教授。
ローテ、トールック、ミューラー、ベックホフマンの影響を受けて、さらに信仰覚醒運動の影響もあり「調停神学」の立場に立った。「いわゆる史的イエス」と「歴史的・聖書的キリスト」という彼の有名な区別は、信仰と歴史の問題で20世紀神学の先駆的役割を果たした。弟子にはティリヒやシュニーウィント等がいる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android