コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーブルド・ウェア marbled ware

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーブルド・ウェア
marbled ware

アゲイト手ともいう。色の異なった粘土をこね合せて縞目胎土を作り,それを使って焼成した陶器。普通,透明釉をかけて素地の状態がマーブル (大理石) 状の模様に見えるのでこの名がある。製作は少くとも1世紀のローマにまでさかのぼり,また中国でも作られていた。中国では木目文,日本では練り上げ手と呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マーブルド・ウェアの関連キーワードマーブリングアゲイト手アゲイト

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android