マーブルド・ウェア(英語表記)marbled ware

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マーブルド・ウェア」の解説

マーブルド・ウェア
marbled ware

アゲイト手ともいう。色の異なった粘土をこね合せて縞目胎土を作り,それを使って成した陶器普通,透明釉をかけて素地態がマーブル (大理石) 状の模様に見えるのでこの名がある。製作は少くとも1世紀のローマにまでさかのぼり,また中国でも作られていた。中国では木目文,日本では練り上げ手と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android