コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーワラー・アンナフル マーワラー・アンナフルMāwarā' al-Nahr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーワラー・アンナフル
Māwarā' al-Nahr

「川向う」を意味するアラビア語。7~8世紀に中央アジアに侵入してきたアラブ・イスラム勢力が,アムダリア (オクサス川) の北岸地域をさして名づけた名称。その後アムダリア,シルダリア両川の河間地帯をさす用語として使用されるようになった。トルコ語では転訛してマベラユンネヒル Maveraünnehir,ロシア語ではマベランナフル Maverannahr,英語では直訳してトランスオクシアナ Transoxianaという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マーワラー・アンナフルの関連キーワードイスマーイール・イブン・アフマドウルグ・ベグ(兀魯伯)トルコ・イスラム文化ティームール帝国マリク・シャートグルル・ベグセルジューク朝バラク(八剌)アッバース朝ソグディアナティームールサーマーン朝ウルグ・ベクオトラルフンジー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android