コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミエル Servando Teresa de Mier

世界大百科事典 第2版の解説

ミエル【Servando Teresa de Mier】

1765‐1827
メキシコ独立戦争の陰の功労者。北西部のモンテレー出身。理学博士となった司祭。1794年に副王,大司教の前でグアダルーペの聖母の出現に疑義を招く講演をしたため,10年間国外追放され,メキシコの独立をアメリカで迎えた。スペイン,パリ,イギリスから執拗に独立を支援し,その間の著述は独立戦争史理解の鍵となっている。独立後,アグスティン1世(A.deイトゥルビデ)の君主政を批判した。1824年の共和国憲章の創案者の一人でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミエルの関連キーワード世界のおもな局地風L. ヘルマンダーアンドレ オベーヤンネ ラハテラ聖カジミエル教会ドニ アミエルめくるめく世界グアダルーペスタンダールシエラレオネモラリスト9月27日河野 与一中島 正賢スイス文学ヘッベルソムリエチボーデ日記文学クービン

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミエルの関連情報