コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミエル Servando Teresa de Mier

世界大百科事典 第2版の解説

ミエル【Servando Teresa de Mier】

1765‐1827
メキシコ独立戦争の陰の功労者。北西部のモンテレー出身。理学博士となった司祭。1794年に副王,大司教の前でグアダルーペの聖母の出現に疑義を招く講演をしたため,10年間国外追放され,メキシコの独立をアメリカで迎えた。スペイン,パリ,イギリスから執拗に独立を支援し,その間の著述は独立戦争史理解の鍵となっている。独立後,アグスティン1世(A.deイトゥルビデ)の君主政を批判した。1824年の共和国憲章の創案者の一人でもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ミエルの関連キーワード世界のおもな局地風L. ヘルマンダー聖カジミエル教会アンドレ オベーヤンネ ラハテラめくるめく世界ドニ アミエルグアダルーペスタンダールシエラレオネ9月27日モラリスト河野 与一中島 正賢スイス文学ソムリエヘッベル日記文学チボーデクービン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android