コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロチューブル microtubule

翻訳|microtubule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクロチューブル
microtubule

マイクロチュビュールなどとも記し,微小管と訳す。細胞内に電子顕微鏡で見られる微小な管構造で,直径約 20nmの中空管である。管壁は,球状の単位蛋白質であるチュービュリンが約 13個会合して構成され,これがさらに積重なって長い微小管となる。ミクロチューブルは細胞内の各種の運動に関連しており,細胞分裂の際の紡錘糸真核細胞での繊毛と鞭毛,アメーバの仮足の動きなどは,いずれもミクロチューブルによるものと理解されている。機能の発現にあたって,他の一種の蛋白質であるダイニンとの協合作用が重要なことが示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミクロチューブルの関連キーワード分裂装置紡錘体

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android