コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシュナ ミシュナ mišnāh; Mishnah

1件 の用語解説(ミシュナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミシュナ
ミシュナ
mišnāh; Mishnah

「反復」を意味し,ユダヤ教のラビの口伝を集成したもの。タルムードの第1部を構成する。その編纂についてはアキバ・ベン・ヨゼフがそれまでの口伝律法を集成したものに,さらに3世紀頃ラビ,ユダ・ハナシ (135~220頃) が引継いで集大成したといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミシュナの言及

【タルムード】より

…旧約聖書,ミシュナ(後述)に次ぐユダヤ教の聖典。ヘブライ語の原意は〈学習〉。…

【ユダヤ教】より

…口伝律法の研究と発展に携わった律法学者が,ラビという尊称で呼ばれたことから,この時代に形成されたユダヤ教を,特に〈ラビのユダヤ教〉と呼ぶ。長い間,口伝律法は口頭で伝承されていたが,後200年ころ,総主教ユダ(イェフダ)によってミシュナに集成された。その後さらに300年間,ミシュナの本文に基づく口伝律法の研究が積み重ねられた結果,4世紀末に〈エルサレム(別名パレスティナ)・タルムード〉,5世紀末に〈バビロニア・タルムード〉の編纂が完結した。…

※「ミシュナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミシュナの関連キーワードサバトヒレルベックミドラシュ猶太ツファットユダヤ教の聖典ユダヤ教の聖歌ユダヤ教の父ラビのユダヤ教

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミシュナの関連情報