コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシュナ mišnāh; Mishnah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミシュナ
mišnāh; Mishnah

「反復」を意味し,ユダヤ教ラビの口伝を集成したもの。タルムードの第1部を構成する。その編纂についてはアキバ・ベン・ヨゼフがそれまでの口伝律法を集成したものに,さらに3世紀頃ラビ,ユダ・ハナシ (135~220頃) が引継いで集大成したといわれる。内容は農耕,祭り,婚姻,民法と刑法,犠牲,清めの6部に分れる。ユダヤ教ではモーセ律法 (トーラー) に次いで大切なものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のミシュナの言及

【タルムード】より

…旧約聖書,ミシュナ(後述)に次ぐユダヤ教の聖典。ヘブライ語の原意は〈学習〉。…

【ユダヤ教】より

…口伝律法の研究と発展に携わった律法学者が,ラビという尊称で呼ばれたことから,この時代に形成されたユダヤ教を,特に〈ラビのユダヤ教〉と呼ぶ。長い間,口伝律法は口頭で伝承されていたが,後200年ころ,総主教ユダ(イェフダ)によってミシュナに集成された。その後さらに300年間,ミシュナの本文に基づく口伝律法の研究が積み重ねられた結果,4世紀末に〈エルサレム(別名パレスティナ)・タルムード〉,5世紀末に〈バビロニア・タルムード〉の編纂が完結した。…

※「ミシュナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミシュナの関連キーワードミシュナ・ヘブライ語アッバ・アリカヘブライ文学マイモニデスホロコーストアモライームパリサイ派ヘブライ語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android