コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズタビラコ

百科事典マイペディアの解説

ミズタビラコ

キュウリグサ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズタビラコ
みずたびらこ / 水田平子
[学]Trigonotis brevipes (Maxim.) Makino

ムラサキ科の多年草。茎は高さ10~40センチメートル。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形または卵形。5~6月、淡青色の小さな5弁花を総状に多数開く。花柄は長さ1~2ミリメートルと短く、直立する。山地の水辺に生え、本州から九州に分布する。キュウリグサを別名タビラコ(キク科のタビラコとは別種)とよぶことがあるので、ミズタビラコの名は、水生のキュウリグサの意味である。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android