コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズタマソウ(水玉草) ミズタマソウCircaea mollis Sieb.et Zucc.

世界大百科事典 第2版の解説

ミズタマソウ【ミズタマソウ(水玉草) Circaea mollis Sieb.et Zucc.】

アカバナ科の多年草(イラスト)。丘陵帯ないし低山帯林下林縁に群生し,日本全国のほか,朝鮮,中国,インドシナ半島に広く分布している。総状花序に並んで生ずる球形堅果を水玉にたとえて和名がついた。地下に細長い匍匐(ほふく)枝をのばしてふえる。草丈は30~50cm,茎や花序に短い屈毛がある。葉は数対が対生し,葉身は長卵形で長さ5~10cm,幅2~5cm,長い柄がある。花序は頂生および上葉に腋生(えきせい)し,長いものは15cmに及ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ミズタマソウ(水玉草)の関連キーワードアカバナ科ホシクサ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android