コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシクサ科 ホシクサかEriocaulaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホシクサ科
ホシクサか
Eriocaulaceae

単子葉植物ツユクサ目の1科。南アメリカを除く新旧両大陸のおもに熱帯,亜熱帯に 13属 1000余種が分布する。イネ科植物やスゲ類などに外観の似た細い葉をもつ多年草であるが,花は総包に包まれて頭状花序のように集る。花被片は2輪に並び,外輪のものは萼片状,内輪は花弁状をなす。単性花で,雄花にはおしべが4~6本,雌花には2~3室に分れた子房をもつめしべが1本ある。日本にはホシクサEriocaulonの約 30種が知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホシクサ科
ほしくさか
[学]Eriocaulaceae

単子葉植物。多年草または一年草。葉はすべて根生する。花序は頭状で花茎上に単生し、総包葉に包まれる。花は単性で、普通は同一花序に雄花と雌花が混在するが、まれに雌雄異株もある。花は微小で二または三数性。雌しべは二または三心皮性、子房は上位、子房室の背面で裂ける(さくか)を結ぶ。種子は各室に1個。集散花序で雄しべ6本のツユクサ科から、頭状花序で雄しべ3本、種子の多いトウエンソウ科が生じ、トウエンソウの種子数が減ってホシクサ科が生じたと考えられる。湿地または水中に生え、熱帯および亜熱帯を中心に13属約120種分布するが、温帯には少ない。日本にはホシクサ属三十数種、オクトネホシクサ属一種が分布する。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホシクサ科の関連キーワードヒロハイヌノヒゲ(広葉犬鬚)シラタマホシクサ(白玉星草)Eriocaulonイヌノヒゲ(犬の髭)シラタマホシクサホシクサ(星草)コシガヤホシクサトウエンソウクロホシクサミズタマソウ深山雛星草広葉犬の髭イヌノヒゲ白玉星草黒犬の髭犬の鬚太鼓草水玉草大星草穀精草

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android