コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシクサ

3件 の用語解説(ホシクサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホシクサ

ホシクサ科の一年草。本州〜沖縄,東アジアオーストラリアに分布し,湿地や水田などにはえる。葉は線形で,根ぎわから束生し,長さ3〜8cm。8〜9月,多数の花茎を伸ばし,頂に灰白色で径約4mmの頭花を単生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホシクサ【Eriocaulon cinereum R.Br.】

湿地や水田にはえるホシクサ科の一年草(イラスト)。葉は線形で長さ3~8cm,根際から多数束生し,しばしば沈水状態にある。8~9月に多数の花茎を伸ばし,先端に1個ずつ白色の頭花をつける。和名は頭花を星にみたてたものである。頭花は卵状球形で径約4mm。総苞片は花より短い。少数の雄花と多数の雌花がある。いずれも長さ1.5~2mm。雄花では3枚の外花被が先端だけを残して苞状に合着し,花冠を抱く。花冠は筒状に合着した3枚の内花被からなり,中央に6本のおしべがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホシクサ
ほしくさ / 星草
[学]Eriocaulon sieboldianum Sieb. et Zucc.

ホシクサ科の一年草。葉は多数根生し、長さ3~6センチメートル、幅1~2ミリメートル、先は細くとがる。8~10月、3~15センチメートルの花茎を数~十数本出し、灰白色で卵球形、長さ3~4ミリメートルの頭花をつける。総包は頭花より小さく、目だたない。雄花は花弁、萼片(がくへん)ともに3枚、それぞれ互いに合着し、下部は筒になる。葯(やく)は白色。雌花は花弁はなく、萼片は2枚で離生する。水田や湿地に生え、日本、および東アジア、南アジア、オーストラリア、アフリカに分布する。名は、頭花が多数の花茎の先に点々とつくようすを、ちりばめられた星に見立てたもので、別名ミズタマソウ(水玉草)ともいう。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホシクサの関連キーワード赤浮草犬稗草合歓紫蘇草星草蓑米品字蚊帳吊蛍藺

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホシクサの関連情報