コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズワニ Pseudocarcharias kamoharai

世界大百科事典 第2版の解説

ミズワニ【Pseudocarcharias kamoharai】

ネズミザメ目ミズワニ科の海産魚。ワニはサメを意味する。漁業者はトビツキなどと呼ぶ。世界各地の熱帯から温帯にかけての外洋域に多く,日本では中部以南の沖合域に分布する。やや深海性で水深100m以下の海中に生息する。全長1mほどにしかならない。眼が大きく,歯がきば状で,胸びれや尾びれが短いなどが特徴。英名のbigeye ragged‐tooth sharkもこれによる。鰓孔(さいこう)の前方の頭部側面に白紋があったりなかったりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone