コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミドリシャミセンガイ ミドリシャミセンガイ Lingula unguis

2件 の用語解説(ミドリシャミセンガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミドリシャミセンガイ
ミドリシャミセンガイ
Lingula unguis

触手動物門腕足綱無関節目リングラ科。体は背腹2枚の石灰質の殻で包まれ,殻の間から長さ 6cmほどの長い筒状の肉柄を出し,これを泥中に差込んで生活する。殻は緑褐色,殻長 4cm内外のやや扁平な長方形で,殻表は平滑で同心円状の成長線があり,前縁に剛毛をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミドリシャミセンガイの言及

【シャミセンガイ】より

…本州以南の沿岸に分布し,水深50mくらいまでの砂泥質の海底に垂直に穴を掘って殻を上にして生活する。古生代前期には多くの種類が栄えていたが,現生種はミドリシャミセンガイLingula unguis(イラスト)ほか10種のみで,〈生きている化石〉ともいわれる。体は背腹の方向にある2枚の殻と一端から出る肉質の柄部とからなる。…

【腕足類】より

… 現生の腕足綱は,前述のように無関節亜綱Inarticulataと有関節亜綱Articulataとに分けられる。前者にはミドリシャミセンガイLingula unguis,イカリチョウチンCraniscus japonicusなど,後者にはタテスジチョウチンガイTerebratulina japonica,カメホウズキチョウチンTerebratalia coreanica,タテスジホウズキガイCoptothyris grayi,ホウズキチョウチンLaqueus rubellus,コカメガイPictothyris pictaなどが知られている。水深15~500mの海底で他物に固着して生活している。…

※「ミドリシャミセンガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミドリシャミセンガイの関連キーワード関節触手動物前肛動物三味線貝箒虫酸漿貝常節目コケムシ(苔虫)触手動物門腕足綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミドリシャミセンガイの関連情報