コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤオソウ Dysosma pleiantha (Hance) Woodson

1件 の用語解説(ミヤオソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミヤオソウ【Dysosma pleiantha (Hance) Woodson】

メギ科の多年草地下茎がよく発達する。地上茎の基部には数枚の鱗片葉がある。葉は通常2枚で,楯状,6~8浅裂し,こまかい鋸歯でふちどられる。2枚の葉の間から集散花序が出る。花はすべて垂れ下がっている。萼片9枚,花弁は暗紫色で6~9枚,4~6本のおしべの葯は縦裂開し,めしべは1本1室で多数の胚珠がある。果実は紫色の漿果(しようか)に熟す。台湾,中国大陸に数種が分布し,ミヤオソウDysosmaの根茎や根はおもにヘビにかまれたときの解毒剤として,あるいは消炎剤として用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミヤオソウの関連キーワード山荷葉地黄毒芹浜昼顔舞鶴草類葉牡丹連福草杉菜藻鏨草耳掻草

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone