コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤコショウビン Todiramphus miyakoensis; Miyako Island kingfisher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤコショウビン
Todiramphus miyakoensis; Miyako Island kingfisher

ブッポウソウ目カワセミ科。宮古島固有とされる中型のカワセミ。全長 20cm。頭上と下面は赤褐色,過眼線と後頸以下の上面は緑青色,と尾は青い。1887年に採集された八重山諸島産とされる 1点の標本をもとに記載されたが,それ以外の記録はまったくなく,絶滅したと考えられている。ミクロネシア産のズアカショウビン T. cinnamominus に酷似するため,独立種としての位置づけに疑問を挟む意見もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤコショウビン
みやこしょうびん / 宮古翡翠
Miyako kingfisher
[学]Halcyon miyakoensis

鳥綱ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。琉球(りゅうきゅう)諸島の宮古島で1887年(明治20)2月5日に1羽が捕獲されたが、その後記録がなく、絶滅したと考えられている。全長約22センチメートル、頭と下面は橙褐色(とうかっしょく)で緑色の過眼線があり、背、翼、腰、尾は青緑色をしている。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミヤコショウビンの関連キーワード高野伸二

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android