緑青色(読み)ろくしょういろ

色名がわかる辞典の解説

ろくしょういろ【緑青色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ」としている。一般に、顔料の緑青のような淡い青緑のこと。岩絵の具に用いる岩緑青いわろくしょうを用いたものが貴重とされ、原料となる鉱物は孔雀石くじゃくいし。この岩緑青を細かく砕くと白っぽくなり、そうしてできた色を白緑びゃくろくという。奈良時代には日本に伝わっており、主に塗料として用いられた。また銅や銅合金に生じる錆も顔料の原料となり、こうした錆の色も緑青色とよぶ。錆びた銅の色は寺院などの屋根に見ることができる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緑青色の関連情報