コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマクワガタ(深山鍬形) ミヤマクワガタVeronica senanensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマクワガタ(深山鍬形)
ミヤマクワガタ
Veronica senanensis

ゴマノハグサ科多年草。本州中部の高山に分布し,砂礫地に生える。地下茎は短く地をはい,茎は直立して高さ 10~25cm,ほとんど分枝しない。葉は長い柄があって対生し,茎の下部に多く,ふぞろいでとがった鋸歯がある。7~8月,花茎の頂に総状花序をつけ,まばらに 10~20花を開く。萼は4深裂し,裂片の先はとがる。花冠淡紫色で紫色または紅紫色の筋があり,筒部は短く,先端は4深裂して径約 1cmに開く。上裂片は円形で大型,下裂片は倒卵形で小型。おしべは2本で,めしべとともに花外に突出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android