ミュラー(ドイツの心理学者 Georg Ellias Müller)(読み)みゅらー(英語表記)Georg Ellias Müller

  • 1850―1934
  • ドイツの心理学者 Georg Ellias Müller

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの心理学者。ザクセン州のグリマの生まれ。1873年ゲッティンゲン大学のロッツェのもとで、哲学で学位をとった。1876年ゲッティンゲン大学講師、1880年ツェルノウィッツ大学哲学教授。1881年にロッツェがベルリン大学に移るとその後任となり、1921年まで40年にわたってゲッティンゲン大学の心理学研究室を主宰し、あとをアッハNarziss Kasper Ach(1871―1946)に譲った。おもな研究領域は精神物理学、視知覚、記憶などで、厳密な思索による理論を重視すると同時に優れた実験家であり、フェヒナー、ヘリング、エビングハウスの研究を発展させた。彼のもとにはカッツ、スピアマン、イェンシュErick Rudolf Jaensch(1883―1940)、ルビンなど多くの研究者が集まってきた。

[宇津木保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android