コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルビン Rubin, Edgar John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルビン
Rubin, Edgar John

[生]1886.9.6. コペンハーゲン
[没]1951.5.3. コペンハーゲン
デンマークの心理学者。ゲッティンゲン大学の G.E.ミュラーのもとに留学。のちコペンハーゲン大学教授。実験現象学的観点に立ち知覚研究に寄与 (→反転図形 ) 。主著『視知覚図形』 Synosoplevede Figuer (1915) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルビン【Edgar John Rubin】

1886‐1951
デンマークの心理学者。1911年ゲッティンゲン大学に学び,ミュラーG.E.Müllerの指導をうけるが,同地では後に実験現象学Experimentelle Phänomenologieのもう一方の雄となったカッツD.Katzと一緒であった。〈ルビンの盃〉(一つの図形が盃にみえたり,人の横顔にみえたりする反転図形)で知られるように,視覚対象を現象学的に記述し,“図”と“地”の相違およびその基本的特徴を明らかにし,それが視覚のみならず他の感覚にも認めうることを主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルビン
るびん
Edgar John Rubin
(1886―1951)

デンマークの心理学者。コペンハーゲンの生まれ。1904~1911年までコペンハーゲン大学のヘフディングHarald Hffding(1843―1931)およびレーマンAlfred Georg Ludwig Lehmann(1858―1921)のもとで哲学と心理学を学ぶ。ついでドイツのゲッティンゲン大学の心理学研究室でミュラーに学び、図と地に関する古典的実験を行い、1915年に学位を得た。当時の同窓イェンシュErick Rudolf Jaensch(1883―1940)、カッツはいずれもフッサールの現象学の影響を受けた仲間であった。1916年帰国して母校の私講師となり、その後レーマンの後を継いで実験心理学の教授となり、実験室を主宰した。彼の図と地に関する研究は1915年にデンマーク語で発表されたが、そのときにはあまり注目されず、1921年にドイツ語版が出てから、ゲシュタルト心理学に取り入れられ、その後の心理学に大きな影響を与えることになった。著書に『Visuelle wahrgenommene Figuren』(1921)などがある。[宇津木保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ルビン

生年月日:1886年9月6日
デンマークの心理学者
1951年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ルビンの関連キーワードミュラー(ドイツの心理学者 Georg Ellias Müller)ウィリアム・ヒース ロビンソンアルビン・W. ゴールドナー還元的ペントースリン酸経路アスコルビン酸オキシダーゼ還元型ペントースリン酸回路カルビンベンソンサイクルクリグラーナジャー症候群トムソン(ウィリアム)アスコルビン酸酸化酵素フェニルピルビン酸尿症ピルビン酸脱水素酵素ハルビン太平国際空港カルビンベンソン回路アラボアスコルビン酸ルービンシュタインイソアスコルビン酸ソルビン酸カリウムバリデーション療法カルビンサイクル

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルビンの関連情報