コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミランコビッチ理論 ミランコビッチりろんMilankovitch theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミランコビッチ理論
ミランコビッチりろん
Milankovitch theory

地球の気候 2万年から約 40万年程度の地球軌道の変化で繰り返されるという理論。1920年にユーゴスラビアの数学者・天文学者ミルティン・ミランコビッチによって提唱された。離心率地軸の傾き,歳差運動という地球軌道の 3要素の長周期変動によって北半球の夏の太陽放射量が変化し氷期間氷期が繰り返されるという説で,以下の 3点の組み合わせによって気候変化が起こると考える。(1) 地球の公転軌道は離心率が円(0)から楕円(0.005~0.06)へと約 10万年と約 40万年の周期で変わる(現在は 0.0167)。(2) 地軸の傾斜角は 22.1°から 24.5°の間を 4.1万年の周期で変化する(現在は 23.5°)。(3) 地球自転の歳差運動によって各季節の地球と太陽との間の距離(近日点)は約 1.9万年と約 2.3万年の周期で変わる(現在は 1月2日頃)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android