コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミランボ Mirambo

1件 の用語解説(ミランボの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミランボ【Mirambo】

1840‐84
東アフリカ,現在のタンザニア中西部に住むニャムウェジ族Nyamweziを統合した大首長。少年のころ,南アフリカから北上して来たヌゴニ族の軍団の捕虜となったが,彼らの軍事組織を学び,首長に率いられた小集団に分かれて政治的統一に欠けていたニャムウェジ族の強化を図って勢力を拡大した。彼の指導下にニャムウェジ族は中部アフリカインド洋岸とを連絡するキャラバン通商でアラブスワヒリの商人との競争に勝ち,1876年には両者と通商協定を結んで繁栄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミランボの関連キーワードザンジバルタンガニーカタンザニア東アフリカ共同体アフリカ菫アフリカ舞舞ホワイトアフリカ南アフリカセルーゲームリザーブ汎アフリカ主義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone