コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミラー切れ ミラーギレ

カメラマン写真用語辞典の解説

ミラー切れ

 超望遠レンズ(おもに600mm以上)では、光束が非常に太くなるので、一眼レフのミラー全体に光が当たらず、一部が暗くなってしまう。これをミラー切れと言い、ファインダー視野では下部が暗くなってしまう(ミラー先端に光が当たらないため)。このために、できるだけミラーを長くして、ミラー切れが起きないようにしている。現在では、普及タイプの一眼レフでも、600mmレンズまではミラー切れが起きないように設計されている。なお、ミラーの長さはPO値という単位で表し、PO値が大きければ、それだけミラー切れが少なくなる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

ミラー切れの関連キーワード一眼レフカメラ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android