コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンゲチャウール Mingechaur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンゲチャウール
Mingechaur

アゼルバイジャン中部の都市。首都バクーの西北西約 250kmにあり,クラ川にのぞむ。ミンゲチャウール水力発電所建設に伴って 1948年つくられた都市で,市の上流のクラ川には広大な人造湖が建設されている。繊維 (綿) ,電機,農業機械,住宅用パネルなどの工業がある。バクーとジョージアグルジア)の首都トビリシを結ぶ鉄道幹線からの支線が延びる。人口9万 900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミンゲチャウールの関連キーワードアラザニ川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android