ミンゲチャウール(英語表記)Mingechaur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンゲチャウール
Mingechaur

アゼルバイジャン中部の都市。首都バクーの西北西約 250kmにあり,クラ川にのぞむ。ミンゲチャウール水力発電所建設に伴って 1948年つくられた都市で,市の上流のクラ川には広大な人造湖が建設されている。繊維 (綿) ,電機,農業機械,住宅用パネルなどの工業がある。バクーとジョージア(グルジア)の首都トビリシを結ぶ鉄道幹線からの支線が延びる。人口9万 900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android