コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムシゴケ Thamnolia vermicularis Ach.

2件 の用語解説(ムシゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムシゴケ【Thamnolia vermicularis Ach.】

ハイマツ帯より上の高山の地上に生じる不完全地衣(イラスト)。南北両半球の高山帯に広く分布する。地衣体は白色,管状で多少屈曲してカイチュウ状となり,先端はとがり根はない。共生藻は緑藻。子器はまだ発見されていない。近縁のトキワムシゴケT.subuliformis (Ehrh.) W.Culb.とは主として含有成分の差によって区別されるが,ムシゴケ北半球に,トキワムシゴケは南半球に多い。【柏谷 博之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムシゴケ
むしごけ
[学]Thamnolia vermicularis Ach.

地衣類の1種。不完全地衣類に分類される場合と、サルオガセ科の1種とされる場合がある。地衣体は白色または灰白色で、長さ3~7センチメートルぐらい。先端は多少細くなって、とがる。枝分れはなく、2~4ミリメートルの直径をもった中空の円筒形をしている。高山の地上に散在して生える。化学成分にタムノール酸を含む。ムシゴケによく似た種類にトキワムシゴケT. subuliformisがある。この種は、ムシゴケと同じような場所に生え、形態的にもほとんど区別がつかないが、乾燥させて長く保存しても、ムシゴケのようには変色しない。これは、地衣体にタムノール酸が含まれないためである。両種とも南北両半球に比較的広く分布するが、ムシゴケは南半球に多く、トキワムシゴケは北半球に多い。また、北半球温帯では両種がほぼ同じ割合で分布することが知られている。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムシゴケの関連キーワードプラチナバンド茅潜高山気候高山帯続松低木帯這松柱松這ひ交じるカウンデ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone