コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムツアシガニ ムツアシガニHexapus sexpes

3件 の用語解説(ムツアシガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムツアシガニ
ムツアシガニ
Hexapus sexpes

軟甲綱十脚目ムツアシガニ科 Hexapodidae。甲は幅 1.5cmほどの横長の四角形で,前後に湾曲して筒形を呈する。歩脚は 3対のみで,カニ類のなかでは例外的な存在。相模湾以南のインド西太平洋海域に広く分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ムツアシガニ

甲殻類エンコウガニ科のカニ。名のとおり歩脚は3対。甲は横に広い四角形で,甲長1cm,甲幅1.5cmくらい。色は淡灰色。相模湾〜インド洋に分布し,ゴカイ類の巣管に共生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムツアシガニ
むつあしがに / 六脚蟹
[学]Hexapus sexpes

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ムツアシガニ科に属するカニ。歩脚が3対のみであるのが特徴。甲幅2センチメートルほどに達し、横長で、やや円筒状。甲面には小さなくぼみが多く、あばた状を呈する。浅海泥底のスゴカイ類の棲管(せいかん)に入って生活していると考えられている。相模(さがみ)湾から南方、オーストラリア、インドまで分布する。近縁種にヒメムツアシガニH. anfractusやトウヨウムツアシガニThaumastoplax orientalisなどがある。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone