コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムツアシガニ ムツアシガニ Hexapus sexpes

3件 の用語解説(ムツアシガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムツアシガニ
ムツアシガニ
Hexapus sexpes

軟甲綱十脚目ムツアシガニ科 Hexapodidae。甲は幅 1.5cmほどの横長の四角形で,前後に湾曲して筒形を呈する。歩脚は 3対のみで,カニ類のなかでは例外的な存在。相模湾以南のインド西太平洋海域に広く分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ムツアシガニ

甲殻類エンコウガニ科のカニ。名のとおり歩脚は3対。甲は横に広い四角形で,甲長1cm,甲幅1.5cmくらい。色は淡灰色。相模湾〜インド洋に分布し,ゴカイ類の巣管に共生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムツアシガニ
むつあしがに / 六脚蟹
[学]Hexapus sexpes

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ムツアシガニ科に属するカニ。歩脚が3対のみであるのが特徴。甲幅2センチメートルほどに達し、横長で、やや円筒状。甲面には小さなくぼみが多く、あばた状を呈する。浅海泥底のスゴカイ類の棲管(せいかん)に入って生活していると考えられている。相模(さがみ)湾から南方、オーストラリア、インドまで分布する。近縁種にヒメムツアシガニH. anfractusやトウヨウムツアシガニThaumastoplax orientalisなどがある。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムツアシガニの関連キーワード軟甲類旭蟹岩蟹蝲蛄高足蟹猿猴蟹扇蟹拳蟹精進蟹柔蟹

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone