コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムテサ[1世] Mutesa I

世界大百科事典 第2版の解説

ムテサ[1世]【Mutesa I】

?‐1884
東アフリカ,現在のウガンダ中央部に位置したブガンダ王国の王。在位1856‐84年。在位中にはインド洋岸との通商が盛んになり,ヨーロッパ人探検家やキリスト教伝道師が王国を訪れるようになった。彼はキリスト教にも興味を示し,ヨーロッパ人を味方に引き入れて,当時北方で勢力を拡大しつつあったエジプトの南下を防ごうとした。当時の宮廷の様子は,彼と会見したスタンリーらによりヨーロッパに伝えられた。【吉田 昌夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ムテサ[1世]の関連キーワードスベルドラップ(Johan Sverdrup)ウィリアムズキンダークロイツァー洪英植ジョイナートルーマンブリスクヘリゲルリデル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android