コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムバラス油田 ムバラスゆでん Mubarras oil field

2件 の用語解説(ムバラス油田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムバラス油田
ムバラスゆでん
Mubarras oil field

アラブ首長国連邦の首都アブダビの沖合いに位置する油田。日本のアブダビ石油がアブダビ沖合鉱区で発見した。丸善石油大協石油(→コスモ石油),日本鉱業(→JX日鉱日石エネルギー)の 3社は 1967年同鉱区を取得し,翌 1968年1月にアブダビ石油を設立,1969年9月の 1号井に続き 1971年3月までに 5坑の試掘を行ない,いずれも出油に成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ムバラス油田

アラブ首長国連邦にある油田。1969年発見。ペルシア湾の浅海部に位置し、長さ約35kmの海底パイプラインで処理施設に繋がる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムバラス油田の関連キーワードアブダビアラブ首長国連邦フジャイラアジュマンバディヤアルフスン宮殿キングファイサルモスクマダアラブ首長国連邦(UAE)とドバイアブ・ダビー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone