コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムバラス油田 ムバラスゆでんMubarras oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムバラス油田
ムバラスゆでん
Mubarras oil field

アラブ首長国連邦の首都アブダビの沖合いに位置する油田。日本のアブダビ石油がアブダビ沖合鉱区で発見した。丸善石油,大協石油(→コスモ石油),日本鉱業(→JX日鉱日石エネルギー)の 3社は 1967年同鉱区を取得し,翌 1968年1月にアブダビ石油を設立,1969年9月の 1号井に続き 1971年3月までに 5坑の試掘を行ない,いずれも出油に成功した。1973年5月に生産を開始,同年 6月には日本向け出荷が始まった。生産された原油は,ムバラスブレンドという名称で,全量が日本向け。埋蔵量は公表されていない。産油量は,生産開始から 1980年代までは日量 2万バーレル前後の水準を維持していた。積み出しは油田の西側にあるムバラス島から行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ムバラス油田

アラブ首長国連邦にある油田。1969年発見。ペルシア湾の浅海部に位置し、長さ約35kmの海底パイプラインで処理施設に繋がる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ムバラス油田の関連キーワードアラブ首長国連邦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android