コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムリダンガム

百科事典マイペディアの解説

ムリダンガム

南インドの細長い樽形両面締太鼓。あぐらをかいて座り,横にして両手ではさむような形で演奏する。リズムは高度に発達しており,さまざまなリズム・パターンを駆使して即興演奏が行われる。カルナータカ音楽の声楽やビーナーなどの伴奏に用いられ,ターラについたり離れたりしながらソリストを盛り立て,聴衆を堪能させる。皮膜を張っている紐の張力を加減して音高を声や旋律楽器に合わせる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ムリダンガムの関連キーワードムリダンガ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android