皮膜(読み)ひまく

精選版 日本国語大辞典「皮膜」の解説

ひ‐まく【皮膜】

〘名〙
皮膚粘膜
※日本昆虫学(1898)〈松村松年〉昆虫の変態「卵は常に二種の皮膜を以て囲繞せられ」
② 転じて、区別しがたいような微妙な違い。→虚実皮膜
※難波土産(1738)発端「芸といふものは実と虚との皮膜の間にあるもの也」
③ 皮のような膜。
※和漢三才図会(1712)三八「 じゃかう 〈略〉大抵臍麝香為最上、有皮膜之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android