コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即興演奏 そっきょうえんそうimprovisation

翻訳|improvisation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

即興演奏
そっきょうえんそう
improvisation

創作および演奏が演奏者によって同時になされること。全曲を通して行われる場合が本来の即興演奏であり,世界の民族音楽,日本の古代の音楽,記譜法がなかった時代の西洋の音楽などが大部分それによって成り立っていた。この全体的即興演奏は記譜法発生後も西洋の有能な音楽家たちによって続けられ,オルガン奏者には今日もなおその能力が要求されている。これに対し即興演奏が曲の一部分に残された例 (西洋音楽におけるカデンツァ ) ,音楽的慣習の範囲内だけで行われている例 (旋律型や装飾法の範囲内で細部の演奏を創作している東洋音楽など) は数多い。 20世紀後半には,J.ケージらによって即興的な演奏行為を再び重視する試みがなされている。また,ジャズにおいては即興演奏は重要な要素である。 (→アド・リビトゥム )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そっきょう‐えんそう〔ソクキヨウ‐〕【即興演奏】

楽譜によらず、演奏者が即興的に楽曲を創作したり主題を発展させたりしながら演奏すること。インプロビゼーション

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そっきょうえんそう【即興演奏】

楽譜やメモによらずに即座に演奏し,生きた音楽を創造する行為をさす。インプロビゼーションimprovisationともいう。既存の音楽作品や既存のパターンに基づいて装飾を加える部分的な即興,与えられた主題に基づいて自由に装飾を加える発展的な即興,いかなる既存の楽曲や主題も用いないで新しい音楽を作りだす全体的な即興などに区分される。しかしあらゆる即興演奏は,既存の楽曲や音楽のパターンとなんらかの形で潜在的には結びついているし,また楽譜に忠実な演奏も,時間のなかでくりひろげられる限り,なんらかの形で即興的な要素を含んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そっきょうえんそう【即興演奏】

あらかじめ決められた譜面に頼ることなしに、即座に創作しながら演奏すること。インプロビゼーション。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

即興演奏
そっきょうえんそう

視覚的に定着されたもの(楽譜、覚え書きなど)によらず、その場で作曲し演奏する行為。インプロビゼーションimprovisationともいう。既存の曲に即興的装飾を加えたり、既存の主題を即興的に発展させる部分的即興演奏と、楽曲全体を即興的に創作する全体的即興演奏に大別される。しかし、「楽譜に忠実な」演奏もさまざまなレベルで即興的要素を必然的に含んでおり、その意味では、演奏を即興とそうでないものとに明確に二分する根拠は希薄である。
 西洋のバロック期では、アリアの旋律に即興的装飾を加えるコロラトゥーラや、与えられた低音に即興的に和音をつける通奏低音法などがみられる。また、おもに鍵盤(けんばん)楽器による即興演奏も盛んで、多くの変奏曲やフーガなどが生まれた。古典派、ロマン派では主題を発展させる即興が盛んで、ベートーベン、リストらはその名手であった。17、18世紀には協奏曲のカデンツァをソリストが即興演奏するのが盛んになったが、しだいに固定化され、即興性は薄れていった。20世紀以降では楽曲に偶然性や不確定性を取り入れる重要な手段として、ふたたび見直されている。
 ジャズやポピュラー音楽ではアド・リブといわれ、とくにジャズでは既存曲に新旋律を付加したり、和音進行の制約のなかで即興演奏するなど重要な要素となっている。民族音楽でも、インド音楽のように、ラーガ(旋法)やターラ(拍節法)の制約のなかで主題を展開させる即興演奏を音楽の本質と考えるものもある。
 いずれの場合も、個々の演奏はさまざまな規範に従っているのがほとんどであり、そこにはなんらかの期待される音がある。それから大きく逸脱した演奏は受け入れられないのが普通である。作曲行為が書くことに限定されてきた文化においても、演奏を規制するさまざまな内的・外的要因(楽器、演奏慣習、身体など)を無視した作曲はありえず、同時に演奏の規範をすべて書かれたものとして明示することは不可能なのである。[卜田隆嗣]
『デレク・ベイリー著、竹田賢一他訳『インプロヴィゼーション』(1993・工作舎)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の即興演奏の言及

【作曲】より

…演奏者に作品の最終的完成をゆだねるという点では,バロックの通奏低音法や20世紀の偶然性(不確定性)の音楽も後者に含まれる。しかし即興演奏は,作品としてのあり方に問題があるとはいえ,ある意味では演奏であると同時に作曲でもある。 作曲の歴史は,社会,政治,文化,科学などの変遷を背景として,音楽の思想,理論(記譜法を含む),演奏の歴史と密接にかかわり合っている。…

※「即興演奏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

即興演奏の関連キーワードインプロヴィゼーション[improvisation]フリー・ジャズ[free jazz]バッハ ヴィルヘルム・フリーデマンモダン・ジャズ・カルテットアドリブ[ad lib]ビッグ・バンド・ジャズザ・ケルン・コンサートフランソワ グロリューピエール コシュロージャム・セッションジャズ[jazz]ジャムセッションハード・バップムリダンガムフリージャズバルバートルスタンダードホットジャズタクシームラグタイム

即興演奏の関連情報