コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムルシリシュ2世 ムルシリシュにせいMurshilish II; Mursilis II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムルシリシュ2世
ムルシリシュにせい
Murshilish II; Mursilis II

ヒッタイト新王国時代の王 (在位前 1334頃~06頃) 。シュッピルリウマシュ1世の子。兄アルヌワンダシュ3世が疫病で没した跡を継いで即位。好戦的で,特に小アジア西部に進軍してギリシア人と接触したといわれる。また西方のアルザワ,北東部山地のガシュガシュなどの諸部族の反乱を平定し,父王の築いた大国を保持した。父と自分の事績の年代記を記し,ヒッタイトの戦法に関する貴重な資料を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムルシリシュ2世の関連キーワードムワタリシュ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android