アッタロス(3世)(読み)あったろす(英語表記)Attalos Ⅲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッタロス(3世)
あったろす
Attalos
(前170ころ―前133)

ペルガモン最後の王(在位前138~前133)。エウメネス2世の子、またアッタロス2世の甥(おい)。フィロメトル・エウエルゲテスと称される。短い治世については不明な点が多く、最初は暴政を行ったが、のちには静かな生活に入ったといわれる。当時、ペルガモンはローマの強い圧力下にあり、遺書には王国をローマに贈与すると記されていた。この王国遺贈の真意は不明であるが、国内には社会改革を求める運動がおこっていて、それをローマの力で抑えようとしたとみられる。[小川英雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android