アッタロス(3世)(読み)あったろす(英語表記)Attalos Ⅲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッタロス(3世)
あったろす
Attalos Ⅲ
(前170ころ―前133)

ペルガモン最後の王(在位前138~前133)。エウメネス2世の子、またアッタロス2世の甥(おい)。フィロメトル・エウエルゲテスと称される。短い治世については不明な点が多く、最初は暴政を行ったが、のちには静かな生活に入ったといわれる。当時、ペルガモンはローマの強い圧力下にあり、遺書には王国をローマに贈与すると記されていた。この王国遺贈の真意は不明であるが、国内には社会改革を求める運動がおこっていて、それをローマの力で抑えようとしたとみられる。

[小川英雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

アッタロス(3世)
Attalos Ⅲ

前171〜前133
小アジアのペルガモン王国最後の王(在位前138〜前133)
生前に領内のギリシア諸ポリスを除く全領土をローマ遺贈 (いぞう) するという遺言を残した。そのため,死後の前133年,ローマ元老院の決議により領地はローマ領となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android