コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーサイオス

2件 の用語解説(ムーサイオスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ムーサイオス

5世紀のギリシアの詩人。民話に取材した熱烈な物語詩《ヘロとレアンドロス》が後世に影響を残した。同名でオルフェウスの弟子といわれる伝説的詩人も知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ムーサイオス【Mousaios】

5世紀のギリシアの詩人,文法学者。生没年不詳。《ヘロとレアンドロス》と題する叙事詩体の悲恋物語(343行)の作者。内容は,アビュドスの若者レアンドロスが灯台を頼りに夜ごと海峡を泳ぎ渡り,セストスの乙女ヘロと逢瀬を重ねるが,嵐の夜,明りが消えて若者は溺死し,乙女は絶望して死ぬというもの。民話に取材した物語で,文体はノンノスを範とする。後世,C.マーローを初め,多くの作家に模倣された。なお,同名の人物でオルフェウスの弟子といわれる伝説的詩人も知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムーサイオスの関連キーワードアリオンガイウスギリシアクセノファネス宋玉テオクリトスプトレマイオスヘロドトスセクストスホエンペイリコスハジダキス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone