コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイミョー メイミョーMaymyo

3件 の用語解説(メイミョーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メイミョー
メイミョー
Maymyo

ミャンマー中央部,マンダレー管区マンダレー郡にある町。マンダレー東方約 50kmに位置する。鉄道マンダレー-ラシオ線が通る。イラワジ川の低地から中部シャン高原への玄関口にあたる。軍事要衝地で,駐留したイギリス軍の夏季本拠地となり,現在も軍事施設がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メイミョー
めいみょー
Maymyo

ミャンマー中部、マンダレー管区北東部の都市。人口11万1100(2003推計)。マンダレーの東約40キロメートル、シャン高原西縁の標高1070メートルに位置し、ラシオに至る鉄道、道路に沿う。シャン州北部や中国の雲南省との交易の中心地として、茶、タバコ、綿製品などの取引が盛んである。植民地時代から軍団の駐留地で、現在はミャンマー陸軍の大駐屯地の一つとなっている。気候が快適なため避暑地として知られ、イギリス風のホテル大統領別邸などがある。近郊にはヨーロッパ風の野菜やコーヒーの栽培地が広がる。パゴダ参詣(さんけい)の際、供花として欠かせないキクの国内最大の産地でもある。[酒井敏明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メイミョーの関連情報