メイミョー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メイミョー
めいみょー
Maymyo

ミャンマー中部、マンダレー管区北東部の都市。人口11万1100(2003推計)。マンダレーの東約40キロメートル、シャン高原西縁の標高1070メートルに位置し、ラシオに至る鉄道、道路に沿う。シャン州北部や中国の雲南省との交易の中心地として、茶、タバコ、綿製品などの取引が盛んである。植民地時代から軍団の駐留地で、現在はミャンマー陸軍の大駐屯地の一つとなっている。気候が快適なため避暑地として知られ、イギリス風のホテルや大統領別邸などがある。近郊にはヨーロッパ風の野菜やコーヒーの栽培地が広がる。パゴダ参詣(さんけい)の際、供花として欠かせないキクの国内最大の産地でもある。[酒井敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android