コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイミョー メイミョー Maymyo

3件 の用語解説(メイミョーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メイミョー
メイミョー
Maymyo

ミャンマー中央部,マンダレー管区マンダレー郡にある町。マンダレー東方約 50kmに位置する。鉄道マンダレー-ラシオ線が通る。イラワジ川の低地から中部シャン高原への玄関口にあたる。軍事要衝地で,駐留したイギリス軍の夏季本拠地となり,現在も軍事施設がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メイミョー(Maymyo)

ミャンマー中部の都市ピンウールウィンの旧称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メイミョー
めいみょー
Maymyo

ミャンマー中部、マンダレー管区北東部の都市。人口11万1100(2003推計)。マンダレーの東約40キロメートル、シャン高原西縁の標高1070メートルに位置し、ラシオに至る鉄道、道路に沿う。シャン州北部や中国の雲南省との交易の中心地として、茶、タバコ、綿製品などの取引が盛んである。植民地時代から軍団の駐留地で、現在はミャンマー陸軍の大駐屯地の一つとなっている。気候が快適なため避暑地として知られ、イギリス風のホテル大統領別邸などがある。近郊にはヨーロッパ風の野菜やコーヒーの栽培地が広がる。パゴダ参詣(さんけい)の際、供花として欠かせないキクの国内最大の産地でもある。[酒井敏明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メイミョーの関連キーワードパガンマンダレーカウンムードパゴダクトードパゴダゼェジョーマーケットマンダレー王宮マンダレーの金箔精製工場マンダレーの大理石工房マンダレーヒルサガイン[管区]

メイミョーの関連情報