コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メグスリの木 めぐすりのき

食の医学館の解説

めぐすりのき【メグスリの木】

メグスリの木はカエデ科の落葉樹で、寒冷地を除く日本全国に生育しています。その名のとおり、目の疾患に効果があると古くから知られ、点眼・洗眼用として利用されてきました。最近になって薬理効果が研究発表され、注目を集めています。
○栄養成分としての働き
 お茶は樹皮を煎(せん)じて用いますが、α(アルファ)―アミリン、β(ベータ)―システロール、カテキンなどが含まれています。成分とその効用についてくわしいことはまだ解明されていませんが、カテキンには目の粘膜(ねんまく)を保護し、修復する働きがあることは知られています。またロドデンドロールという物質が含まれており、これが肝機能を高めるといわれています。
 実際にメグスリの木茶を飲用して眼精疲労、仮性近視、結膜炎(けつまくえん)、老眼、花粉症の涙目、肝炎などが改善したとの症例が報告されています。

出典 小学館食の医学館について 情報

メグスリの木の関連キーワード近視・遠視・乱視カテキン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android