コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メゾティント

1件 の用語解説(メゾティントの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

メゾティント

銅版画技法の一つ。凹版の一種で,版面をのこぎり歯状のロッカーで縦横にひっかいて無数の線を作ったのち,この線の凸部をつぶして図柄を出す。つぶされた部分はインキが付かないため白く浮かび上がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のメゾティントの言及

【銅版画】より

…おそらくクレヨン法と同じくフランソアが実用化し18世紀にしばしば使われた。(5)メゾティントmezzotint(フランス語ではマニエール・ノアールmanière noire)はロッカーrocker(フランス語ではベルソーberceau)という道具で版面に縦横斜めに刻線を交錯させ細かく傷つける。インキをつめるとビロードのような黒一色に刷れるところを,明部をバーニッシャーburnisherあるいはスクレーパーscraperなどで凹凸を削ったり磨いたりしてインキのつき方を加減する。…

【版画】より

…このめくれは微妙なので数多い印刷では摩耗しやすいが即興的な制作が可能であるところから,とくに19世紀末近くのエルーのような達筆な版画家に好まれたし,15世紀後半の〈ハウスブーフ(家事書)の画家〉やデューラー,レンブラントなどの画家の版画家がしばしば行っている。メゾティントはドライポイント同様直接彫る手法だが,銅板面全体に縦横斜めにくまなく刻線をつけ(これで刷ると黒い面ができる),明るくする部分を削り磨き出してインキがのらないようにする。中間の調子も自由につくることができる。…

※「メゾティント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メゾティントの関連キーワード銅版画ドライポイントメゾチント画技銅版版面半頬腐食銅版ラインエングレービング菅野陽

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メゾティントの関連情報