コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜口陽三 はまぐち ようぞう

6件 の用語解説(浜口陽三の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

浜口陽三

版画家。明治42年(1909)千葉生。東美校を梅原龍三郎の助言で中退し渡仏、サロン=ドートンヌ、サロン=デザンデパンダンなどに出品。昭和12年自由美術家協会創立に参加。戦後本格的に銅版画制作を開始する。28年日本銅版画協会結成。29年サロン=ドートンヌ会員。現代日本美術展・国際版画ビエンナーレ展ほか、国内外で多数受賞。59年にはサラエボ冬季五輪記念ポスターに「さくらんぼと青い鉢」が採用された。サンフランシスコ住。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はまぐち‐ようぞう〔‐ヤウザウ〕【浜口陽三】

[1909~2000]版画家。和歌山の生まれ。昭和5年(1930)東京美術学校塑造(そぞう)科を中退して渡仏、水彩・油彩・銅版画などを制作。昭和14年(1939)帰国。第二次大戦後は銅版画に専念し、独自のカラーメゾチント技法で世界的に高い評価を受けた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

浜口陽三【はまぐちようぞう】

版画家。和歌山県生れ。東京美術学校塑造科中退。1930年渡仏し,油絵銅版画を独習,1939年帰国。戦後は銅版画に専念する。1957年サンパウロ・ビエンナーレ版画部門大賞受賞。
→関連項目サン・パウロ・ビエンナーレ自由美術家協会メゾティント

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜口陽三 はまぐち-ようぞう

1909-2000 昭和-平成時代の版画家。
明治42年4月5日生まれ。10代浜口儀兵衛の3男。南桂子の夫。昭和5年東京美術学校(現東京芸大)を中退し,14年まで滞仏。23年ごろから銅版画に専念し,独自のカラー-メゾチント技法を開発。32年サンパウロ-ビエンナーレで日本人初の版画大賞を受賞するなど国際的に活躍。野菜や果物をモチーフに静寂な世界を創造した。平成12年12月25日死去。91歳。和歌山県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜口陽三
はまぐちようぞう

[生]1909.4.5. 和歌山
[没]2000.12.25. 東京
版画家。 1930年東京美術学校彫刻科中退。同年渡仏,39年帰国。 48年頃から本格的に銅版画に取組み,メゾチント技法を駆使した版画を制作。 53年再渡仏。 57年サンパウロ・ビエンナーレ版画部門で大賞,同年第1回東京国際版画ビエンナーレで国立近代美術館賞,60年ユーゴ国際版画ビエンナーレグランプリなど数々の国際展で受賞を重ねた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜口陽三
はまぐちようぞう
(1909―2000)

版画家。明治42年4月5日和歌山県生まれ。家は代々千葉県銚子(ちょうし)でしょうゆ醸造を営み、彼も6歳で銚子に移住。東京の京華(けいか)中学校の終わりごろから小林万吾(まんご)(1870―1947)に洋画を、建畠大夢(たてはたたいむ)に彫刻を学ぶ。1927年(昭和2)東京美術学校塑造科に入学したが、梅原龍三郎(りゅうざぶろう)の助言もあり30年中退して渡仏。サロン・ドートンヌほかに油絵を出品、37年自由美術家協会の創立にパリから参加。パリで水彩画と銅版画の個展を開き、39年帰国。第二次世界大戦後、本格的に銅版画を始め、53年(昭和28)ふたたび渡仏し、定住。翌年サロン・ドートンヌ会員となる。55年ごろからは、カラーメゾチント版画を手がけ、57年には第1回東京国際版画ビエンナーレ展で国立近代美術館賞、またサン・パウロ・ビエンナーレ展で版画最優秀賞を受賞する。翌年毎日美術賞を受ける。その後も世界各地の美術展に招かれ、受賞も多数ある。81年にはパリからアメリカのサンフランシスコに移住。84年サライエボ冬季オリンピックの記念ポスターに作品が用いられるなど、国際的に高い評価を受けた。96年(平成8)帰国。代表作に『パリの屋根』『青いガラス』『四つのさくらんぼ』『西瓜(すいか)』ほかがある。夫人の南桂子(みなみけいこ)(1911―2004)も版画家であった。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『北嶋廣敏著『浜口陽三の世界――愛と円環』(1977・湯川書房) ▽『浜口陽三全版画』(1985・Mギャラリー) ▽『浜口陽三全版画作品集』(2000・中央公論美術出版) ▽浜口陽三著、三木哲夫編『パリと私――浜口陽三著述集』(2002・玲風書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜口陽三の関連キーワード前川千帆榊原長敏葉生薑・葉生姜葉生姜小野忠重上野誠大田耕士田川憲古野由男守洞春

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜口陽三の関連情報