コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタ述語 メタじゅつごmeta-predicate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタ述語
メタじゅつご
meta-predicate

人間の知識の上位にあり,知識工学で処理対象とするメタ知識の記述における中心要素。メタ述語を核とすることで,複数のメタ知識の比較や結合,命題の証明など論理処理をしやすくなる。述語主語目的語が結合されるとができる。たとえば "Taro plays tennis."を PROLOGという人工知能用のプログラム言語で記述すると "play(taro, tennis)."と書ける。playが述語であり,その引数として主語や目的語をとる。これを一階の述語と呼ぶ。メタ述語は述語の引数が文になるものである。つまり,文の集合は事実の並んだデータベースに,メタ述語はデータベースに対する操作(追加,削除など)に相当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android