コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メテルス・ピウス・スキピオ Metellus Pius Scipio, Quintus Caecilius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メテルス・ピウス・スキピオ
Metellus Pius Scipio, Quintus Caecilius

[生]?
[没]前46
古代ローマの軍人,政治家。カエキリウス氏のなかでも有力なプレプス (平民) の出身。スキピオ・ナシカの子。メテルス・ヌミディクスの養子となった。ポンペイウス (大ポンペイウス) の岳父。前 52年執政官 (→コンスル ) 。カエサルと戦い,シリア,アフリカに転戦したが,タプソスの戦い後,捕えられ自殺。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android